2008年11月16日

エリザベート レビュー

帝劇で、「エリザベート」をマチネーで観劇。

キャストは、

エリザベート:涼風真世

トート:山口祐一郎

ルイジ・ルキーニ:嶋 政宏

フランツ・ヨーゼフ:石川 禅

ルドルフ(皇太子):伊礼 彼方

ゾフィー(皇太后):初風 諄


初めての「エリザベート」観劇だったのですが、
完成度の高さにびっくり。

楽曲も素晴らしいし、キャストの演技もどれも文句なし。

初めて聞いた曲ばかりなのに、耳に残るメロディ。

第1幕で1回、第2幕で2回ほど涙が出てしまいました。

思いがけず、地下1階のエレベータ前で山口祐一郎氏の出待ちの列に
入り込んでしまい、そのまま山口祐一郎氏をお見送りすることに(笑)

50歳過ぎとは思えない美貌でした黒ハート

12月25日までなので、来月もう1度、朝海・武田キャストで見に行きたいです。

満足度 85点

ストーリー:
1898年9月10日、ジュネーブ、レマン湖のほとりで、オーストリア皇后エリザベート(涼風真世と朝海ひかるのWキャスト)が暗殺された。暗殺者は、イタリア人無政府主義者、ルイジ・ルキーニ(嶋政宏)。逮捕されたルキーニはその後、独居房で首を吊り自ら死を選んだ。だが、死してもなお、彼を問い続ける声は止むことがない。「なぜ、エリザベートを殺したのか?」
闇に閉ざされた世界で、ルキーニはエリザベートの物語を語り始めた。かつて彼女とともに生きた人々が次々と甦り、証言をはじめる。そこには"死"とも呼ばれる黄泉の帝王トート(山口祐一郎と武田真治のWキャスト)の姿もあった。
エリザベートの父、マックス公爵(村井国夫)は堅苦しいことに縛られることを嫌い、自由を謳歌する人であった。エリザベートはそんな父をこよなく愛し、マックスも娘をかわいがった。(パパみたいに)
ある日、エリザベートは木から落ち、意識を失ってしまう。すべての死を司るトートの手によって、エリザベートの生命も断たれるはずだった。だが、彼女の魂に触れた瞬間、トートはエリザベートを愛してしまう。運命的な出会い・・・・・・トートは彼女の生命を奪わなかった。(愛と死の輪舞)
もうひとつ、運命的な出逢いがあった。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ(鈴木綜馬と石川禅のWキャスト)とエリザベート。アルプスの麓バートイシュルで、皇帝はエリザベートの姉ヘレネと見合いをする予定だった。皇太后ゾフィー(初風諄と寿ひずるのWキャスト)とエリザベートの母ルドヴィカの姉妹によって準備された縁組みだったが。二人の目論見ははずれ、皇帝はエリザベートを愛してしまった。(計画通り)
婚礼の日、闇から姿を現わしたトートは、エリザベートに迫る。いつかお前を奪いにくると。(最後のダンス)
トートと出逢った恐怖から、エリザベートはフランツ・ヨーゼフにすがりつく。彼女の最大の味方であるはずの夫に・・・・・・。しかし、すべては彼女の予想とは違っていた。婚礼の翌日から、ゾフィーによる皇后教育が始まり、窮屈な宮廷生活を強いられた。自由を求めるエリザベートにとって耐えられないことであった。(私だけに)
戦いの日々が始まる。生まれた子供はゾフィーに奪われ、多忙な夫とは相容れるところがない。もともとの育ちが違うためか、夫の思いは妻に届かない。つねに孤独と背中合わせの彼女は、ついに、その美貌を武器に反撃を開始する。自分の要求が如何にしたら実現できるかを彼女は知り始めるのだ。(美貌の皇后)
宮廷内での確執の一方で、ハプスブルク帝国の崩壊を示唆する動きが随所で起こっていた。ハンガリー独立を目指すエルマーら若き革命家たちは、オーストリア内の反体制派と組んで、地下活動を行い(退屈しのぎ)、街では民衆が、ミルク不足に怒りの声を上げていた。その現実を余所に、宮廷はミルクを独占している。皇后の美しさを保つために・・・・・・。(ミルク)
1867年6月8日、フランツ・ヨーゼフとエリザベートはハンガリー王冠を戴く。この頃には、エリザベートの発言力は強くなり、皇帝は母ゾフィーよりも皇后の言葉に耳を傾けるようになっていた。だが依然として、トートはエリザベートから離れない。彼女は本当に自由になったのか?(私が踊る時)
一方で、息子のルドルフは、多忙をきわめる母親と一緒にいることを許されず、いつもひとりぼっちだった。(ママ、何処なの?)
 失墜したゾフィーと腹心たちは、フランツ・ヨーゼフの目を皇后からそらし、再び実権を握るべく皇帝にワナをしかける。娼婦の館を訪れた重臣達は、一人の病気持ちの娼婦を皇帝に差し出すのであった。(マダム・ヴォルフのコレクション)
やがて、エリザベートの体にも変調が起こる。その原因が皇帝の裏切りだとトートに教えられた
彼女は絶望し、放浪の旅に出た。後悔の念と悲しみに包まれるフランツ・ヨーゼフは、成長した息子ルドルフとも意見が食い違い、衝突することが多くなった。世は民族主義が台頭し始め、国の将来を憂うルドルフは苦悩し、トートによって死への旅を誘われてゆく。(闇が広がる)
月日は流れ、年老いた皇帝夫妻は再会を果たす。しかし、いまだお互いを理解することが出来ない。(夜のボート)
今や確実に、ハプスブルクは崩壊へと向かっていた。それはエリザベートにとって、真の自由を得ることを意味するのだろうか?
posted by ilove at 21:51| Comment(41) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。